脳力全開への階段

『1日2時間は、志本投資に充てよう』

◆/脳力全開へと進化するため12の螺旋階段を登る/

下記のように、1.耳、2.口、3.目、4.手の能力を
螺旋階段を昇るように、それぞれ、日々すこしずつでも
トレーニングすると、トレーニングの度合いに応じて、
どこまでも脳力全開できると確信を持つことが出来ます。

それを以前はデジ速ライフと言っていましたが、
今は、『脳力全開ライフ』と表現しています。

下記の図をご覧ください。

受動的
1.【耳】聴く
速音聴  =============>
音楽   =============>
自然音  =============>

3.【目】見る
文字   =============>
絵    =============>
森羅万象 =============>

能動的
2.【口】話す
高速イメージ音読
楽器演奏

4.【手】書く、描く
文字を書く
絵を描く
森羅万象を描く

今までの『速音聴』の説明では、
1.【耳】聴く、の高速音を受動的に聴くという能力です。

また、『絶対記憶』の説明では、
3.【目】見る、の高速フラッシュを受動的に見るという能力です。
/絶対記憶/http://kioku.gzenkai.com/

「1.【耳】聴く」、「3.【目】見る」、の間には、
「2.【口】話す」、能動的な『高速イメージ音読』を
提示しています。

また、「3.【目】見る」の後に、「4.【手】書く(描く)」と
いう能力開発を加えます。

「4.書く(描く)」までいくと、
また、「1.【耳】聴く」に戻る、という螺旋サイクルで脳力全開
ライフを送ると、私の能力全体が上昇していくことを実感
されます。

ホップ 第 Ⅰ ステージ

Ⅰ-1.【耳】聴く

Ⅰ-2.【口】話す

Ⅰ-3.【目】見る

Ⅰ-4.【手】書く(描く)

ステップ 第 Ⅱ ステージ

Ⅱ-1.【耳】聴く

Ⅱ-2.【口】話す

Ⅱ-3.【目】見る

Ⅱ-4.【手】書く(描く)

ジャンプ 第 Ⅲ ステージ

Ⅲ-1.【耳】聴く

Ⅲ-2.【口】話す

Ⅲ-3.【目】見る

Ⅲ-4.【手】書く(描く)




a:141 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional